生ごみ処理について

 我々の生活上必ず発生するものが生ごみです。生ごみは可燃物として排出しますが、週2回の回収となるため何日かは家の中などに溜めておく必要があります。夏など気温の高い時期は、悪臭がしたりコバエが飛んだりするため、各家庭では袋詰めにしたり容器に入れたりする工夫を強いられる状況です。そればかりではなく排出された後、生ごみは重量の70%以上が水分のため、可燃物として燃やす場合に水分量を減らす必要がありエネルギーの無駄使いとなっています。

 

 このような問題を解決するため、東海村では生ごみを宅内処理できるように電動生ごみ処理機やコンポストの購入補助が行われています。「とうかい環境村民会議」でも生ごみを宅内処理することを推奨しており、EM菌による生ごみの堆肥化を講習会を行って紹介しています。しかしながら、講習会後にアンケートを取ってみるとEM菌による堆肥化は2回発酵作業があること、出来た堆肥を使うところが無いなど、折角やり始めても長続きしない方が多いところが悩みの種でした。

 

 生ごみの処理方法について調査していたところ、「キエーロ」というものがありました。

 「キエーロ」は神奈川県逗子市にお住いの松本さんが開発したもので、木で作られた箱の中に黒土を入れ、生ごみを細かくしながら土の中に埋め込んでおくと時期にもよりますが3~7日くらいで水分と炭酸ガスに分解され消滅するというものです。これなら埋め込むだけで作業が少なく、臭いや虫の発生も無くて続けられやすいと感じました。また、「キエーロ」は、簡単な構造から投入する生ごみの量と分解する土の量のバランス及び光の取り入れさえ守れば木の箱だけではなく、衣装ケースや発泡スチロールの容器で実施されている方もおり、様々なバリエーションがあるようです。

 これらのことから「とうかい環境村民会議」では、「キエーロ」の作り方も紹介できるようにと考えています。

 

 電動生ごみ処理機、コンポスト、キエーロ、段ボールコンポストあるいは、畑に穴を掘って埋めるなど、生ごみの宅内処理方法は色々あると考えられます。自身のライフスタイルに合った方法で生ごみを処理することで、エネルギーの無駄使いを減らし地球温暖化防止を目指しましょう。

続きを読む

とうかい環境フェスタ2022

 素晴らしく晴れた11月12日土曜日に、東海村役場駐車場と中庭で三年ぶりとなる「とうかい環境フェスタ」を開催しました。とうかい環境フェスタは、村民の皆様の環境への意識向上を目指して開催しているもので、環境に関する活動を行っている団体による展示ブースで様々な体験をすることにより、環境への気づきを得ていただくことを目的にしています。今回はブース展示の他、話題の電気自動車や電動キックボードの試乗体験がありました。また、展示ブースで体験することにより得られるスタンプラリーも行い、スタンプのポイントにより行える「プチ縁日」も開催したのですが、我々の当初の予想を上回る来場者があり景品として用意した駄菓子が全てなくなる嬉しい悲鳴がありました。

 

 今年のブース展示は工夫が施されており来場者に体験して頂くものばかりで、本来廃棄するペットボトルのキャップを細かくして熱を掛けることによりアクセサリーにしたり、小型の風車を吹いて回すことにより発電する仕組みを体験したり、使い終わった牛乳パックが手を加えて紙になったり、世界で5番目に多い日本のフードロスを減らす方法の紹介や、持続可能な社会を作るために行うべきSDGsの紹介など、幼児や低学年の小学生の皆さんが目を輝かせて体験していました。

 

 今年は新型コロナウィルス防止対策として11月に開催しましたが、新型コロナの蔓延状況や時期的な問題で来場者が来られるか、不安を感じていました。しかしながら、開催してみると小さい子供を連れた家族が沢山来られ、行楽日和の天気に助けられた感じは受けますが、不安は見事に吹き飛んでしまいました。

 

 毎回お手伝いをお願いしている東海高校JRC部のボランティアの方々も、我々の委員さんと共に大活躍で、楽しかったと感想を言って頂きました。

 

 とうかい環境村民会議が取り組んでいる「ぐるぐる市」は、家庭で不用となった子供服を持ち寄って頂き必要とする方に差し上げるという活動で、今回もとうかい環境村民会議のブースとして出展しましたが大変好評で、特にベビー服より少し大きめの洋服が在庫切れとなる状況でした。

 

 さらにフェスタの最後に行う恒例の「ジャンケン大会」では、大人も子供も大いに盛り上がり白熱したジャンケンを行い、十分楽しんで頂けた様子でした。

 

 今回も事務局を始め、ボランティアスタッフ、委員の皆様そしてブースに出展頂いた各団体の皆様のお陰で、無事「とうかい環境フェスタ」を終えることが出来ました。

 本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

続きを読む

ハチドリの話

 我が家の庭にはトレニアが沢山咲いています。隣家との敷地境界にはマリーゴールドも群生しており、猫の額ほどの夏野菜の畑を取り囲んでいます。

 先日ナスを収穫(と言っても1つ実を取るだけでしたが)しようとしていたら、ミツバチが飛んできてトレニアの花を忙しそうに出たり入ったりしていました。こうやってナスの花も受粉してくれたのかなと眺めていたら、ひときわ大きな蜂が同じようにトレニアの花を行ったり来たり、せわしなく動き回っていました。

 

 花に近づくとホバリングで静止して、クチバシを花に差し込んで蜜を吸っているように見えたので、まさかハチドリ??って思ったのです。絵本での話から想像していただけで、実物を見たことが無いため羽を高速で動かす姿を見て、そう思ったのですが、調べてみると「ヒメクロホウジャク」という蛾の仲間で少しガッカリしました。

ハチドリは、北米・カナダ、アメリカ南西部からアルゼンチン北部にかけて生息しているようで、日本にはいませんでした。残念!

 

 ハチドリと言えば「ハチドリのひとしずく」という絵本が知られています。南米のアンデス地方に伝わる話を辻真一さんが翻訳したもので内容を紹介すると、

 

 沢山の動物が暮らす森で火事が起こり、

 動物たちは我先にと逃げ出して行きますが

 火の中をハチドリだけは行ったり来たりしています、

 くちばしに一滴の水を咥えてせっせと運んでいます、

 それを見て動物たちは「そんなことをして いったい何になるんだ」と笑います、

 ハチドリはこう答えます、「私は私が出来ることやっているだけ」・・・。

 

 我々を取り巻く環境問題は、問題が大き過ぎて解決する道筋が中々見つからないところであり、我々の活動はハチドリのひとしずくかも知れませんが、ひとしずくがないと始まらないし、きっといつか変わると信じて自分に今出来ることを精一杯行い、共感の輪を広げる活動していきたいと思います。

キャンドル

 先日(8/27)、節電を唱えるキャンドルナイトを東海村役場の中庭で行いました。コロナ禍を意識して大々的な告知をしていませんでしたが、来場された約100人の方々にキャンドルナイトを楽しんで頂きました。いつもであればイベントの進行や会場警備あるいは色々な作業をしていて、苦労して並べたキャンドルを眺める状況になかったこともあり、私達にはキャンドルを楽しむ時間がありませんでした。しかしながら今回はキャンドルに点火してから、余裕を持ってじっくりと眺めて、皆さんそれぞれの想いを巡らせることが出来たキャンドルナイトになったことでしょう。

 

 今回もパラフィンを原料としたティーライトキャンドルを購入して使用しました。パラフィンは炭素と水素の化合物で構成されており、炭素原子の数が20以上のものの総称です。和名は石蝋と言われています。また、パラフィンは石油を精製して作られる常温で半透明あるいは白色の柔らかい固体で水に溶けず安定した物質で、一般的にロウソクやクレヨン等に用いられるため、ロウと呼ばれますが、科学的にはパラフィンは西洋ワックスであり、日本のロウと区別する必要があります。

 

 日本のロウは、古来より日本で用いられてきた植物性あるいは動物性のものを指します。特にハゼノキの果実から作られるハゼ蝋を用いた和ろうそくは、灯りを得るために古くから使われてきました。和ろうそくは、竹あるいは木の棒に和紙を被せ灯心草をらせん状に巻き付けたものを芯として、溶かしたハゼ蝋を塗り重ねることによって作られます。成型後に棒を抜くことにより和ろうそくの中に空洞ができ、これが燃焼時に空気が流動する働きをすることによって酸素が供給され、炎の面積が大きくなり同じ大きさの西洋ロウソクと比べると2~3倍くらい明るくなると言われています。

 

 動物性のロウには鯨の脂肪から作られる鯨蝋などがありますが、現在では蜂の巣から作られる蜜蠟が知られています。蜜蝋は板状にしたものや固形のものが販売されていますので、溶かして型に入れたり板状のものを巻いたりしてロウソクを作ることが出来ますが、少し値が張るところが欠点でしょう。しかしながら蜜蝋は、火をともすと煤が少なく甘い香りがする上に体に良いアロマ成分が発散されると言われています。

 

 このような和ろうそくや蜜蝋のロウソクをキャンドルナイトに用いた方が、節電あるいは省エネを唱える私達の趣旨からすると相応しいのかも知れません。とは言っても日本のロウを大量に作ることが難しいため単価が掛かり、キャンドルナイトのようにたくさんのキャンドルを利用する場合は廉価のパラフィンで作られたキャンドルを使わざるを得ません。

でも各家庭でキャンドルナイトを実施する場合は、日本のロウで作られたロウソクを使ってみてはいかがでしょうか。

タバコのポイ捨て

 日課である早朝に行う犬の散歩で近所の交差点の信号待ちをしていたら、足元に捨てられたタバコの吸い殻があることに気がつきました。タバコはフィルタのところで消えており、アスファルトの焦げ具合から火が着いたままポイ捨てられたもののようでした。交差点を渡るとそこにも吸い殻が落ちていて、これも火が着いたまま捨てられたように少しタバコの灰が付いていました。歩きながら歩道を見ると幾つかの吸い殻が落ちていて、同じ銘柄と吸い殻の状態から毎日のようにこの歩道を利用し、同一人物がポイ捨てしているのではと思いました。

 

 先日テレビで警察関係の特集番組があり、河川敷における大規模火災の捜査で一人の初老男性が職務質問を受けていました。男性は警察官と話をしている間にタバコを吸いながら話し、吸い終わると側溝に火が着いたままポイ捨てしました。警察官にポイ捨てを咎められると悪びれる様子もなく、つい癖で行っている旨を話していました。実は、タバコのポイ捨ては「軽犯罪防止法」に抵触します。この男性に限らず、タバコの吸い殻がごみであるという認識が欠けており、他人に迷惑をかけている、あるいはかけてしまうという認識の低さがポイ捨てを助長していると言えます。

 

 ポイ捨てされたタバコの中には、多くの有害物質が含まれています。吸い殻のフィルタには、ヒ素、ニコチン、多環芳香族炭化水素、クロム・カドミウムなどの重金属類が含まれており、これらの有害物質が分解されにくいタバコのフィルタを通じて自然界に拡散されています。路上や側溝に捨てられた吸い殻は、排水を伝わって河川や海に流れ込み、少しずつ小さくなりながら分解されず海を汚染しています。

 

 このように街中で見かけるタバコの吸い殻は、実は海洋汚染と無関係ではありません。あなたの心掛けが明日を変えます。自分や家族、地球のためにタバコを辞めることを検討するのも良いことかも知れません。未来のために良い選択をしましょう。