クリーンアップ大作戦

 

 先日(4/17)、自然共生社会部会が主催する豊岡海岸のクリーンアップ大作戦という清掃活動に参加してきました。前日の土曜日は波浪警報が発令されていたため日曜日に延期となったので参加者が少し減り、80名程度となりましたが村内の各事業所から参加を頂き、プラスチック製品の回収を主体に清掃しました。また村長や副村長も参加頂き、袋一杯にごみを回収して頂きました。当日海岸でサーフィンを楽しんでいる人たちの中には、袋を受け取りウェットスーツのまま、砂浜に落ちているごみを拾って協力して頂ける方もいらっしゃいました。ご協力に感謝いたします。

 

 

 海岸で砂に埋もれているペットボトルやプラスチック製品の破片を拾いながら砂浜に進んで行こうとしましたが、ロープの切れ端や破けたビニール袋、割れたプラスチック容器、ストロー及びペットボトルのキャップなど、沢山拾うこととなり中々前に進めない状態となってしまいました。

 砂の中には、赤や黄色のカラフルな、いわゆるマイクロプラスチック(大きさが5㎜以下のもの)が埋もれていることに気が付き、これが小魚や小動物が飲み込んでしまい環境への影響が懸念されるマイクロプラスチックかと再認識させられました。なるほど、拾っても拾っても沢山落ちていて、これはキリがないなとため息がでたことは残念な気持ちになりました。

あと何年かすると海の中にいる魚の数よりも、海中に漂うマイクロプラスチックの数が多くなるとの調査結果もあります。またマイクロプラスチックを食べた魚を食べた人間がマイクロプラスチックを体内に取り込んでいることも指摘されており、人体への影響も懸念されています。

 

 このことから今更ながらではありますが、山や海および空き地にプラスチック製品をポイ捨てしないこと、そして廃棄するプラスチック製品は資源物回収として排出するなど適切な処置をすることと思います。皆さんの行動が未来へつながっていくのだと考えさせられたクリーンアップ大作戦でした。

4月の所感(R4.4)

 

 新型コロナ感染予防対策に明け暮れる毎日の中、計画したイベントが全て中止になる状況で中々晴れやかな気持ちになれない状態が続いています。

 

 これまで私達は、第2次環境基本計画に基づき活動してきましたが、10年が経過し第3次環境基本計画に移行され、新たな段階を迎えることとなりました。現在は、これまでの「とうかい環境村民会議」の在り方や活動について見直しながら、今後の活動について検討している最中です。これに基づいて来年度から、新たな形(形態)で活動を行いたいと考えています。

 

 とうかい環境村民会議は、自然共生社会部会、低炭素社会部会、循環型社会部会そして生活環境部会の4部会から構成されています。それぞれの部会は第二次環境基本計画で定められた活動計画に則り、村民の環境への意識向上を目指して活動を続けてきましたが、昨今のSDG'sの盛り上がりもあり、時流に合わせた形でこれからの活動を検討しています。

 

 一方、今まで環境活動を行ってきた我々に対し、皆さんから実際の活動が伝わりにくいとの指摘を受けることがありました。そこで、これまでより更に、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用して、多くの村民に活動状況を発信していきたいと考えています。

 

 

 

 我々の活動に興味を示し理解して頂く機会を増やし、結果的に我々の活動に共感して頂ける方々が増えることを、期待しています。

 共感して頂くことにより仲間が増え、環境活動に参加する仲間が増えることにより村民の環境に対する意識が更に向上することを願っています。